風の便り episodo.44 


東海道 横浜市 本覚寺
唐獅子牡丹
 東京オリンピックと言えば1964年。これが2016年に再び!当時のオリンピックを経験したボク(パパ)たちには嬉しくもあり1964年が遠くなってしまうという悲しさも、実は半分ある。そんな昭和のオリンピックの時代に流行ったのが高倉健の唐獅子牡丹である。義理と人情もオリンピックほど遠い昔となってしまった。その後、任侠から足を洗った?健さんは、山田洋二監督のもとドーンの「幸せの黄色いハンカチ」、ジェーンカンバックの「遥かなる山の呼び声」へとボクたちに感動を与えてくれる。その感動を、今街道を歩いているボクたちにどう伝えてゆけるかが、この旅のテーマでもある。この本覚寺のペイントされた唐獅子を観て塗ったアメリカ人からドーンと健さんを連想してしまったパパは、1964年から来たタイムトラベラー。2016年のオリンピックは是非東京で開催し、ボクたちがボクたちの子供たちに語れるような時代を作って欲しい。

戻る