風の便り episodo.19 


昌平橋からみた秋葉原
秋葉原

 秋葉原って,懐かしい響きが有る町だよね。パソコンしているみなさんもむかしは別の目的で秋葉原通ったでしょう。オーディオかなぁ,無線機かなぁ。ジャンク品の中から,そのトランジスターを発見したときの喜び。街の電気屋には決して置いてなかったブラウンのスピーカーを前に財布と相談していたあの頃。人それぞれ,色々な想い出がある街。
 でも,今日はその秋葉原を横目に気持ちは京都。不思議な気持ちですり抜ける。「物より想い出」,どっかのCMで聞いたフレーズが響く。誰も知らない秋葉原との想い出を,心の片隅にきらりと光らせながら,また新しい想い出を秋葉原に作る。そしてそれもまた誰も知らない想い出。
 じゃあまた・・・秋葉原。

戻る