風の便り episodo.15 


さいたま市氷川神社にて
巫女

 私の友人で,学生時代巫女のアルバイトをしていた人がいて,その話を聞いてかなり驚かされた。そもそも巫女は神に仕える者。
それをアルバイトとは何事かと,思ったが正月などはとても人手が足りず,アルバイトも当たり前という,その友人は三三九度の儀式まで参加したというので,半分呆れてしまった。
 神社を訪れるたびに,必ずお守りをいただくのだが,そこにはいつも白い衣装の清楚な巫女がいて,丁寧に対応してくれるのだが,彼女たちもアルバイトなのだろうか。いつも聞こうと思っているのだが,あの場に入ると,そんな不謹慎な質問は拒絶されてしまう。
 いったい巫女の仕事は何なのであろう。もし,これを読んだ貴方が巫女だったら,是非巫女の仕事を教えて欲しい。

戻る